NISA

NISA(少額投資非課税制度)のしくみ

nisa

NISA(少額投資非課税制度)とは、株や投資信託に対し、売却益と配当を一定額非課税とする制度のことです。通常だと20%程かかる課税が、年間100万円を限度に非課税となります。

この制度を利用するためには、NISA専用の口座を用意する必要があり、この口座を金融機関において通常の取引口座とは別に開設し、株式や投資信託を取引すると、この口座で得た所得に対して非課税制度が適用されます。
ただしこの口座は、利用者1人につき1つのみ開設可能となっており、すなわち口座開設時に他の金融機関においてNISA口座が開設されていないことが必要です。
また、現状ではこのNISA口座を開設できる期間が2014~2023年の10年間となっており、それ以降には口座の開設はできないこととなっています。

恒久的に口座開設ができるようになるようにすべきとの声もありますが、今後制度がどうなっていくかは不明です。
また、注意したい点として、非課税投資枠が年間100万円であることに加え、これが翌年への繰越不可であること、非課税の期間が5年間であることがあります。
そのため、ある時点における非課税投資の総額は500万円が最大ということになります。そして年度の途中で株式や投資信託を売却した場合、残りの非課税枠の再利用はできないという決まりがあるため、短期でくりかえし売買をすると、すぐに非課税枠を使い切ってしまうといった恐れがあります。

いずれにせよこの制度について正しく理解し、活用することで、株や投資信託の取引をお得に行うことができると言えるでしょう。 株や投資信託をするうえで今すぐお金を借りる必要がある時もあるでしょう。その際には適宜キャッシングをすることも視野に入れておいたほうがよさそうです。
こちらも参考になります→即日発行OKのクレジットカード大特集!※審査に通る方法教えます株や投資信託は大きく稼ぐメリットもありますがレバレッジを効かせた場合などは大きな損失を生み出す可能性があります。FXほどではないですがリスクがある商品であることは間違いないのです。なのでキャッシングを視野に入れながらしっかりと冷静に打ち込めば良いのです。なおキャッシングする際には在籍確認などが気になる方もいると思います。そういった方はプロミス在籍確認をご覧になれば在籍確認の不安は解消されることでしょう。

↑ PAGE TOP